人身事故加害者の責任

運転中に交通事故を起こし、相手がものではなく人であった場合、全部で3種類の責任を負う必要があります。
一つは刑事上の責任、もう一つは行政上の責任、そして民事上の責任を負わなければいけないのです。
順番にどういう責任を負わなければいけないのかを解説しますが、刑事上の責任としては懲役刑や禁固刑、罰金刑などを受けることになります。
次に行政上の責任としては、免許証の点数が加点されることになります。
これによって、免許の停止や取消処分を受けることになりかねません。


そして民事上の責任ですが、被害者が受けた損害を賠償しなくてはいけません。
被害者の治療費用や病院に通うための交通費のほか、事故がなければ得られていた利益、精神的苦痛をカバーするための慰謝料の支払いが必要になるケースがあります。
以上のことから、人身事故の罰金と減点という場合には、刑事上の責任と行政上の責任が関係することになります。
なお、点数に関しては減点方式と認識している人が多いのですが、加点方式となっていますので、間違いのないようにしましょう。


軽微な人身事故であれば負わされる責任も軽く済むこともありますが、重大な事故で被害者が亡くなるようなケースだと、被害者はもちろんのこと遺族の人生にも多大な影響を及ぼし、加害者である自分自身の人生まで台無しにしてしまいかねません。
当サイトでは人身事故を起こした場合の付加点数や罰金の額について解説しますので、しっかりとチェックして人身事故の加害者にならないようにしてください。


<PICK UP>
交通事故の被害者になってしまった場合に無料相談が出来るサイトです・・・交通事故

Copyright © 2014 人身事故の罰金と減点 All Rights Reserved.